ヒト・コミュニケーションズの研修で接客スキルを身に付ける

コミュニケーション能力はとても重要です。
最低でも相手が発言した言葉を
100%聞き取れるようにならないといけません。
筆者は「冷たいうどん」を注文したら
「温かいうどん」を出された経験があります。
探偵のように、1を聞いて10を知るとまでは言いませんが、
10を聞いて10を理解できるようにならないと、
客商売は決して出来ないでしょう。

ヒト・コミュニケーションズは様々なお仕事を取り扱っています。
応募資格は「未経験者歓迎」のものが非常に多いですが、
中には「日常レベルの日本語の会話が可能」というものもあります。
日本人なら誰でも出来そうな気がしますが、意外と出来ない方は多いのです。
カオナシみたいに「あ、あ、あ……」としか喋られないと、
お客は困ってしまいます。

ヒト・コミュニケーションズは
ハイレベルな研修から超基礎的な研修まで、あらゆる研修を用意しています。
「相手の視線を見て話す」といったことも、研修にてしっかり教えてくれますよ。
ヒト・コミュニケーションズには専任の
「おもてなし接客マナー」の研修スタッフがいますので、
やる気さえあればどのような方でも一流のマナーを身に付けることが出来ます。

IQが20違うだけで会話が成立しないと筆者は聞いたことがあります。
会社が高学歴だけで新入社員を固めるのは、
IQが高い方を集めているからだと言えます。
上司が部下に指示を出す際も、
1から10まで説明することなく、1だけしか伝えないことが多いです。
探偵なみの推理力と理解力が無いと、
最大手の企業では働くことが出来ないのです。

ヒト・コミュニケーションズは正社員登用のお仕事も多数取り扱っていますが、
正社員になるには既存で働いている社員よりも、
数段優秀な点をアピールしないと難しいと言えるでしょう。
正社員になるには、まずIQを鍛える必要があると言えます。
さすがのヒト・コミュニケーションズでも
IQを鍛える研修は取り扱っていませんので、
それに関しては独力で脳トレしましょう。
速読スキルとか、あると便利ですよ。