ヒト・コミュニケーションズの服装・髪型自由のお仕事

関東だけで、ヒト・コミュニケーションズは73件もの
「服装・髪型自由」のお仕事を取り扱っています。
ところでこの「自由」はどこまで許容されているのでしょうか?

お客の相手をしない裏方のような
ヒト・コミュニケーションズのお仕事でしたら、
服装はかなり自由が効きます。
ただしそれでも限度というものは存在するでしょう。
具体的には「一緒に働いている同僚の気分を害さない」が
条件だと思われます。
つまり、同僚全員の許可さえ頂き、
かつ仕事の能率に問題がなければ、
ピエロの格好をしようともOKなのです。

ただし着ぐるみを着ると、仕事の能率が極端に落ちるのでアウトです。
着ぐるみを着てパソコンでタイピングなんて出来ませんよね?
そして、この気分を害さないはかなりケースバイケースです。
私服勤務OKでも、
ジーパンを認めるか認めないかはかなり意見が分かれそうです。
アロハシャツがOKかも気になるところでしょう。
そのあたりの細かい条件は
ヒト・コミュニケーションズにしっかりと確認してください。

髪型もかなり気になります。
リーゼントやアフロ、金髪やピンク髪でも大丈夫なのでしょうか?
これもまた気分を害さないのが条件と言えます。
髪が発光していたら、流石に上司は怒りそうです。
当然、不潔なのもアウトとなり、銭湯に強制連行されます。
ファブリーズで誤魔化すのも限度があるのです。

ヒト・コミュニケーションズの仕事で
「服装・髪型自由」のものはアパレル系が多いです。
そしてアパレルの仕事における「服装・髪型自由」は、
どんな服装や髪形でもOKという意味ではありません。
「自由にしても良いけど、ダサいのはNG」という暗黙の了解があります。
上下ユニクロで揃える方は、
ユニクロ以外のところでは働けないかもしれませんよ。
アパレルで働くなら、ファッションセンスはかなり必要です。

ヒト・コミュニケーションズの登録時に面談をしますが、
この時は私服で行きます。
その時にファッションセンスも審査されるかもしれませんよ。
アパレル系で働く場合は、そういった点も気を付けましょう。